【日々のこと】【キャンプ道具】キャンプシェルフを個人輸入してみた(camp chef Sherpa table)①


 こんにちは。清々しい天気が続いている北海道です。

 風が夏の香りを運んできています。 

今回は欲しかったキャンプ道具を購入した話です。


 我が家のキャンプサイトでは、料理の調理台や、ギアを置く配置がいまだにはっきり決まっていません。

 毎回、なんとなく〜といった感じで置いております。ユニフレームのフィールドラックを使ってボックスが地面につかないようには配慮しているのですが、それでも鍋や調理に関わる道具を、いちいち無印のボックスから屈んで出したりしていて、深さもあるので取り出しにくいなぁ・・と思っておりました。 

 先日のキャンプで、お友達が使っていたキャンプシェルフが、なんだかとっても使いやすそうで、上手に配置し調理していました。

海外のサイトより個人輸入して使っているとのこと。ふむふむ。

そういうのいいなぁいいなぁ・・と日本のショッピングのサイトなどで色々物色していました。

色々見たけど、あまりこれといっていいのがない。。

たまたま見た、アメリカのamazonのサイトで、お友達が使っていた、同じこれを発見!

 もう一度日本のサイトでも同じ商品を検索してみたら、送料やレートを考えてもアメリカのamazonで購入した方が安い!!

 とのことで、一応同じのを買っていいか確認し、OKをもらい早速購入してみることにしました。

 他のお友達にも声をかけたら、欲しいとのこと。2つ購入することになりました。


 ・・と、とっても簡単に事が進んだのは、以前に、子の水泳用のバッグをアメリカのamazonで個人輸入をしたことがあり、ユーザー登録などをしていたので簡単に購入する事が出来たのです。。

 海外からの買い物は、ハードルが高そうなイメージがあったのですが、amazonだったこともあり、意外とすんなり買えてよかったのを覚えておりました。

 Made in america のものに関しては、やはり送料などがかかってもアメリカのサイトで買うのが一番安いかと思います。

 ただ、説明書が全部英語なので、使い方が難しいものなどは覚悟が必要です。


 今回のラックは3週間くらいで届く予定だったのですが、10日位で届きました〜。


意外と早くて大きさもコンパクトでした!


次回に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA