【日々のこと】家族で、kitaraコンサートホールへ 〜 こどものための音楽会 札幌交響楽団のオーケストラを生演奏で♪


  今日は朝雪が降っていましたが、昼間にはとけて少し暖かくなってきました。

 なかなか完全に春にはならない今日この頃です。 

 毎年、この時期に、札幌コンサートホール「kitara」で札幌交響楽団の演奏の「こどものための音楽会」が開催されます。

 新1年生から入場できる音楽会です。昨年に息子が1年生になったので一緒に行ってきました。今年は2回目です。

 ちょうど夫(J)もお休みが取れて自宅にいたので家族みんなで行ってきました。

  kitaraには開場より15分前位についたのですが、もうすでに沢山の人が並んでいました。自由席だったのでですね。
 昨年は2階の舞台裏のあたりで聴いたのですが、今年は真正面から聴くことができました。


 こどもが聴きやすい曲のダイナミックな演奏と、そして一つ一つの楽器の紹介が、指揮者の 松本宗利音(マツモト シュウリヒト)さんより丁寧にされ、今後、こどもたちが音楽や、オーケストラにこれから興味をもてるような、そんな内容だったな、と思いました。


チャイコフスキーの 白鳥の湖」の演奏は今までCDなどで聴いたことはあったのですが、全く違う曲に思えるほど生演奏はダイナミックで素敵でした。ハープの音色にうっとり・・・。音楽は勉強したことはない私ですが、それでもオーケストラってとってもいいな、と思えるような音楽会でした♪


 夫も数年ぶりのオーケストラだったそうですが、最高だったし気持ちのいいα波により眠くなったとのこと・・・。


子は、終始音楽が心地よく眠くなったとのこと・・・。


・・家族みんなで札響に癒されました。


また来年も行きたいな、と思いつつ帰宅しました。

 余談ですが、NHKのニュースでこの音楽会のことがでていましたが、私たち家族が映っていました・・♪

東京の桜です。北海道はいつ咲くのかな〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA