【キャンプ道具】タープ選びについて①スクリーンタープから モンベル ビックタープ ヘキサへ。


 こんにちは。今日はキャンプのタープについてです。


 キャンプを家族3人で始めた時に、初めにいただいたものが、コールマンのスクリーンタープでした。 

初めて建てた時は慣れないせいか1時間ほどかかりました。


 タープを使うことが初めてだったので、いいものか悪いものか、使ってみないと分からなかったけれども、使っている人をみたら、なんだかカッコいい!!ということでテントと一緒に使ってみることにしました。


 雨に備えて、テントとスクリーンタープを連結させようと思ったのですが、もともとメーカーが違い、仕様が違うため、連結風に立てるのは困難を極めました。

(テント:ウールリッチ スクリーンタープ:コールマン)

 何度も立て直し、位置をずらして何とか連結風に立てることができましたが、隙間は出てしまい、そこから雨に当たったりとちょっと大変でした。

 連結を狙うなら、同じメーカーの連結できるものが間違いないようです。笑

近づけて建ててもこのように隙間ができてしまうのです・・


 スクリーンタープのいいところは、

  • 1、壁、屋根があるからプライベート感を出しやすい
  • 2、雨、風に強い
  • 3、虫除けになる


というところと予想していましたが、

 2は、風には強かったのですが、持っているものは6角形で下の方が広がった形でネットタイプだったために、雨がネットにかかり、そのネットから端の方に置いてあったテーブルや道具たちにかかりべちゃべちゃになってしまうことが何度かありました。

 天気のいい時は端っこに道具を寄せて広々使えるのですが、雨では道具を真ん中に寄せないと濡れてしますので、プライベート空間が狭くなる・・といったことがわかりました。(そのスクリーンタープの形によりますが)


 3、の虫除けになる、についてですが、確かにネットでチャックで入口をしめるので基本的には虫は入りにくかったのですが、何度も出入りをする時にチャックをきっちり開け閉めするのがだんだん面倒になり・・

 子どもの力できっちり閉められないので大人が閉め直しをする・・といった作業が何度も発生しました。

 基本的にめんどくさがりな私は何度か見て見ぬ振りをしたりしていたら、隙間から大きな蛾が何匹も入ってきて、チャックで閉めているものだから天井に溜まって出てゆかない・・という悪循環が起こり、

 虫を出すことに労力を取られて疲れる、といった結末になりました。


 そして、何より、大人2人以上でしか建てるのが難しかったです。

プライベート感はしっかり確保できました!


そのことがあって、開放的なタープに憧れ、ついには


モンベル ビッグタープHX(我が家の色は廃盤になりました)


というヘキサタープを次の年に買うことになりました。


・・次回へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA