【キャンプ道具】テント選びについて① 雨に強い3人用のテントはコールマン・ウェザーマスターワイド2ルームSTD。最高!


 こんにちは。外に出ると鼻の中も冷え切る今日この頃です。息を吸うたび若干凍ります。とってもとっても春が待ち遠しいです。


 ここ最近はオシャレなテントがたくさんありますよね。用途に合わせてあれこれ選べてとっても便利です。

 我が家がキャンプを再始動しはじめたのは3年ほど前。その時には、譲り受けたテントを使っていました。

Woolrichの4〜5人用の四角のテント。こちらは3人で寝るには十分すぎる広さでありながら、設営も簡単でした。長いポールをクロスに組んでインナーテントの四隅にくっつけて、フライシートをかけてから、全室の上のポールを通して、ペグダウンする・・といった感じで、一人で10分もあれば設営可能でした!

左の緑とアイボリーのテントです。

 もちろん前後に網戸もついていて風の通りも良かったです。3人だとちょっと広すぎて若干持て余している感もありました。


 その、なかなか快適だったテントを買い換えることになったのは2年前。

 土砂降りにやられた雨の2泊3日の時に、下のインナーテントが水浸しになったことが買い換えるきっかけになりました。経年劣化していて、防水性がなくなりかけていたようでした。水浸しの寝袋を車のヒーターを最強にしてなんとか乾かして、友人のテントに寝かせてもらってなんとかその日は助かりました。


 その日から雨に怯えて、もうこのテントではキャンプに行けないよーと思っていたのですが、夫のJが雨男の可能性が高く、行く時、行く時、いつも雨に降られる年だったのです。

 が、キャンプ熱は盛り上がっていまして、雨に強いテントに買い替えして、雨でもなんでもキャンプに行こう!!ということになり、新しいテントを購入するに至りました。

 その名は、coleman ウエザーマスターシリーズのワイド2ルームSTDというものです。

試し張りしに、デイキャンプに行った時です。広いし感動しました〜

 インナーテントの寝るところは3人でちょうどよく、前室が広く、タープがなくても快適に過ごせます。このテントを買ってから土砂降りに2回ほど当たりました。しかも1回は3泊のうち、ほとんどが雨だったのです。(やっぱり雨男がいると・・)

裾にスカートがあるので強い雨でもフロアも全く濡れることもなく、ジメッとした感じもなく、天井の高さがあるので、圧迫感がなくテントの中でトランプをしたり快適に過ごせました。

ルーフフライシート標準装備 オールインワンの2ルームハウス 
■テント内の空気をスムーズに循環させるベンチレーションを装備 
■出入りしやすい大型サイドドア 
■テフロン®を使った撥水コーティング 
■簡単設営、簡単撤収が可能な吊り下げ式インナーテント 
■ルーフフライ標準装備

 ●耐水圧:約3,000mm(フロア:約10,000mm)

 https://ec.coleman.co.jp/item/IS00060N04231.html

 テントの中にリビングを作ってお座敷のようにもすることができます。 まだレイアウトの研究不足で完全に使いこなせてはいませんが、本当に雨に強くてとっても気に入っています。

 ただ、慣れるまで、張るのに30分ほどかかります。なかなか簡単には行かず、一人でも立てられないので、夫と私でいつも2人かかりで奮闘しております。ポールを刺すところはしっかり色分けしてあるので間違えにくいです。たてる前にyoutubeでこのテントのたて方を見てからたてています。動画があるので本当に助かります!

 重量ですが、下図にもあるように、17.9kgと重さはかなりあるので、持つ時は気合いが必要です。ウェザーマスターの2ルームシリーズの中では軽量な方なんですけどね。

(参考までに)

  •    ワイド2ルーム コーチ   重量 約24キロ
  •    ワイド2ルーム コクーンⅡ 重量 約30キロ

 また、リビングのレイアウトなど後日載せてゆきたいと思います。

colemanのHPより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA